これまでのログ】【更新履歴】【全画面表示】【最初へ戻る


7日(日)
ターンレフト ターンライト
Needing You
狐怪談
箪笥
エコール
ミネハハ/秘密の森の少女達
トレーニングデイ
イコライザー
マグニフィセント・セブン

ジョニー・トー・&ワイ・カーファイ&金城武 2人の名は。

ーさんもといジョニー・トー監督&ワイ・カーファイ監督が手掛けた『ターン レフト ターンライト』は今まで観たトーさん作品とは一転、男女のすれ違いをテー マにしたラブコメ〜。ところがトーさんとカーファイ監督にかかると一筋縄ではいか ず! 【そんなすれ違いラブコメがあるか!?】  今作で描かれるすれ違いはあまりにもあり得なさ過ぎてギャグの域!  2人がお互いの電話番号を教えて今度会うことに、と思いきやメモが塗れて番号が わからなくなったり、両方に恋のライバルが現れて妨害してきたり、近づいてきたと 思ったら全然気づかなかったり(しかもお互いの部屋は壁一枚を挟んだ隣、ただしア パートは別棟)……  あまりにもすれ違い過ぎなもんだから御都合主義なのか不都合主義なのか判別不能、 一体神あるいは運命はリア充爆発祈願どころか絶対2人を出会わさせん気なのではと 疑ってしまったぞw  また、お互い雨で塗れて風邪をひいて同じ病院に運ばれ、解体されたメリーゴーラ ンドの木馬を持ち帰り(って無理し過ぎィ!)と行動がシンクロしていたり、ライバ ル同士が結ばれたりと言うネタの数々もおもしろおかし〜 【だからそんな再会が(略】  まあ永遠のお別れ、とは行かずめでたく再会を……と思いきやその原因も無理矢理 &メチャクチャ過ぎ〜ん! おもしろめでたいものの、こんな反則展開は普通じゃ多 分無理(苦笑

Category:  ジョニー・トー  →共同制作:ワイ・カーファイ  →ターンレフト ターンライト 

2018/1/1(月)


ジョニー・トー・&ワイ・カーファイ& あなたを必要とする者は。

『Needing You』もトーさんとカーファイ監督によるラブコメで、こちらで描かれ るのは社内恋愛〜。 【トーさん&カーファイ監督流おもしろおかしな社内恋愛】  トイレ掃除のくだりがちょっとした騒ぎに発展するのはまだ序の口、投げ捨てたお 守りがありえ無さそうな勢いで戻ってきたり、無くしたものを見つけようと床を探し ていたら客の皆様が同時に脚を上げたり……  ターンレフトと違ってぶっ飛んだ演出じゃないものの(すまぬF69上田は予定調和 よりは邪道をお求めのようで)、それでもおもしろおかしな演出が連発でいいデス〜。 【あ、あなた一体何者?】  それにしてもラスト近くでピンチを救いに現れたあの白い男は一体何者? と思い きやトーさんの過去作からやって来たゲストでしたか〜

Category:  ジョニー・トー  →共同制作:ワイ・カーファイ  →Needing You 

2018/1/1(月)


ユン・ジョエン&ソン・ジヒョ&パク・ハンビョル ゆりゆらららゆらららゆりゆり悪霊事件

に他の映画の予告編でタイトルを知り気になっていた『狐怪談』。期待してい た稲荷や狐面は出なかった(それデスかい……その属性は多分日本だけデスから)は 魔の13階段ならぬ29階段が登場、それが出ると願いを叶えてくれる代わりに呪いもか かってしまう怪談をテーマにしたホラー! 【韓流JKがゆりゆり、屍か屍そんな甘いわけが無く……】  狐怪談は魔の階段(って新感染同様邦題がダジャレ!)による願いと呪いだけじゃ ない、それにすがろうとするJK達の心情も描かれており、屍かもゆりゆり成分やバレ エまで込みw  だがそんなに甘いものではなく、ロシア留学がかかったバレエコンテストをきっか けとして妬みやいじめ、友情にヒビが入る展開が描かれるなど話は陰湿な方! そ屍 てその友情が階段の力でおぞま屍く歪んでいく引き起こすのが恐ろ屍かったDeath〜。 【アレ、貞ちゃん?】  恐怖描写の中で予告編の頃から一番気になっていたのが、振り向くと顔が黒い長髪 に隠れているシーン! あの髪の下がおぞま屍いことに、とイメージ出来るのが怖い Death〜。おっと、階段に埋め込まれたあの顔も……

Category:  ユン・ジョエン  →狐怪談 

2018/1/1(月)


キム・ジウン&イム・スジョン&ムン・グニョン ゆりゆらららゆらららゆりゆり悪霊事件

怪談で予告編を見て気になっていた『箪笥』は2人の姉妹がかつて住んでいた 実家に戻って来たものの、そこで数々の怪異に見舞われ…… 【こちらも韓流女子がゆりゆり、と思いきややはり甘いわけが無く……】  狐怪談と違って今作に登場する女子は姉妹の2人のみ、こちらはより濃密なゆりゆ り……な訳がありませんでした(ぁ  舞台となる姉妹の実家、旧くから存在する和洋折衷の香りが漂っていて魅力〜と思 いかけたのもつかの間、姉妹と継母、父との不仲が描写され、ギスギスが伝わってく るかのような不安に陥ったり、女の霊が枕元に立ったシーンでは垂れる血と手が出て きたのは何と! と言うようなえろんを感じたり(笑 【ど、どうなってるんだこれ!?】  ところが中盤を過ぎて明かされた事実を前にF69上田は衝撃! 思わぬ不意打ちを 前にF69上田は珍屍く映画を初めから鑑賞屍……屍か屍話が理解出来たと思いきやま すます謎が深まり、そ屍て先程他の皆様による感想を読んでようやく納得〜ん。何が 起きたかはここでは秘密、是非その目で(何

Category:  キム・ジウン  →箪笥 

2018/1/1(月)


ルシール・アザリロヴィック約束の箱庭

作が同じでも監督によってガラリと変わるゆりゆりな映画! と言うことで気 になっていたのが『エコール』(あるいは『イノセンス』……と名付けるはずが、押 井監督に先を越されて断念〜)。 【まあいけない(何)えろんっ!?】  森の中にたたずむ女子校ぐらしの生徒達がバレエを学ぶものの、やがて外界に好奇 心を募らせていく今作……生徒達は全員幼女! しかも上半身すっ裸まで映ると言う、 今なら白い目で見られそうな、あちこちから怒られ取り締まられるかもしれないえろ ん描写(一線は流石に超えてません)も込み! 【幻想と闇の学園】  こう書くとゆりゆり大好き及びロリコン男子ども大喜び……とそう簡単に行くはず が無く、冒頭3分間でいきなり(昔の映画の如く)スタッフロールがブレながら流れ てタダモノじゃない予感を覚えるや否や、新入生の子が何と棺の中に入って運ばれて きただけでなく、彼女が誘拐されたことが判明!  これだけでこの学園からドス黒い闇のオーラ炸裂、まさか女子達がえげつない目に 遭うんじゃないかとゆりゆりよりもそれが心配になってしまいました。一方でド派手 な演出は存在せず(男もラスト及びバレエのシーン除いて映らず)、静かに物語が映 し出されていくのが幻想的で魅力デス〜 【永遠の幼女達】  学園の闇を前にF69上田は思わず、約ネバのような雰囲気を見出し  あっ、今作にも壁が文字通りあるし、そのせいで彼女達は学園の外に出られなかっ たぞ! まさね……?

Category:  ルシール・アザリロヴィック  →エコール 

2018/1/4(水)


ジョン・アーヴィン約束の箱庭

女成分たっぷり謎が謎のままな幻想世界なエコールとは対照的に、『ミネハハ /秘密の森の少女たち』は16過ぎな女子成分たっぷり(幼女はモブ扱い)、学園の謎 が明らかになるサスペンス! 【こんな学園でゆりゆりしてる場合じゃない】  今作で描かれる謎はそれを知ってしまったり、嫌な予感を覚えて脱出を図ろうとし た子が殺害されて死体を隠され、プリマに選ばれなかった子は自殺を図り、更にはド ロドロとした関係まで描かれドス黒さ炸裂!  ラストもようやく脱出かと思いきや(これ以上はその目で)……と胸糞悪くどんよ り〜。もはやこんな所でゆりゆりしてるどころじゃないかつ、エコールはもやもやし ながらもまだ救いがあったと思えてきました…… 【魔の身体検査】  先述したように幼女成分が減少して残念、と思いきやプリマを選別するための身体 検査シーンが何ちゅうまぁいけないえろん! これも詳しくは自分の目で(何

Category:  ジョン・アーヴィン  →ミネハハ 

2018/1/4(水)


デンゼル・ワシントン&アントワーン・フークア悪の無双

コライザー以前にフークア監督とデンゼル殿が組んだ映画が『トレーニングデイ』。 こちらのデンゼル殿は…… 【デンゼル恐怖の悪徳ポリ公】  イコライザーとは一転、バリバリの悪党っぷり炸裂!  ブツを我が物にしただけじゃない、イーサン・ホーク殿演じる新人警官に銃で脅し てでもそれを吸わせるわ、金もパクるわ、マフィアと癒着しているわでやり過ぎなド 悪党の域! 果たしてイーサン殿は最悪の一線を超えてしまうのかと緊張ハラハラで した〜

Category:  アントワーン・フークア  →イコライザー 

架空世界の悪党図鑑掲載作 クライム・アクション100ランク入り 冷酷! 悪漢100ランク入り

2018/1/7(日)


デンゼル・ワシントン&アントワーン・フークアDIY無双

編制作決定かつ、『鳥肌ホラー映画100』で無理矢理ランク入りした(笑)のが    『イコライザー』。デンゼル演じる元CIAのおっさんがクロエ・グレース・モレッツ殿 演じる娘さんをマフィアから護るため、単身で乗り込むのデスが…… 【デンゼル恐怖のDIY殺人術】  今作はデンゼルが滅茶苦茶な強さを発揮、それを堪能する映画!  序盤で1分も経たないうちに5人以上も殺ってのけるだけじゃない、マフィアのタン カーをド派手に爆発させ、クライマックスではでは何とホームセンターにあるものを 改造してマフィアどもを殲滅! これだけでもお腹いっぱい〜(おいおい

Category:  アントワーン・フークア  →イコライザー 

鳥肌ホラー映画100ランク入り 鬱な映画掲載作

2018/1/7(月)


デンゼル・ワシントン&アントワーン・フークア北米無法者大戦

ンゼル殿とフークア監督のタッグ作はトレーニングデイやイコライザーだけでは 無かった! 『荒野の七人』(未見)のリメイク版『マグニフィセント・セブン』が まさにそれ〜 【デンゼル&フークア流荒野の七人】  今作に出演したイーサン・ホークとかつて共演したトレーニングデイと違い、こち らのデンゼル殿は街を牛耳る悪を仲間達と共にぶっ斃す正義の人!  今までフークア監督と組んだ作品と違って特に目立ったヒネリは無いものの、デン ゼル殿が仲間達だけでなく町の男達をも総動員して戦いに備え、大量の敵を少数で ぶっ斃す展開が良かったデス〜。かつて遊んだライブ・ア・ライブは西部編を思い出 しちゃいました。LALでも登場なガトリングガンが出てきた時はヒートアップ!

Category:  アントワーン・フークア  →マグニフィセント・セブン 

2018/1/7(日)


これまでのログ】【更新履歴】【全画面表示】【最初へ戻る