これまでのログ】【更新履歴】【全画面表示】【最初へ戻る


26日(日)
仁義なき戦い 完結編
マスターズ・オブ・ホラー ダンス・オブ・ザ・デッド、 ヘッケルの死霊、 チョコレート、 閉ざされた場所、 世界の終り、 ハンティング、 魔女の棲む館、 ムーンフェイス、 ディア・ウーマン、 ゾンビの帰郷、 インプリント 〜ぼっけえ、きょうてえ〜
スペースバンパイア 2度目の感想
断絶

深作欣二&笠原和夫&文太兄ぃ広島の片隅のヤーさん  (終)

【旧世代ヤーさんへのトドメ】  仁義なき戦いシリーズも5作目をもって幕、文太兄ぃはヤーさんから引退ッツ! 冥府魔道の世界から遂に足を洗った、のにどう言う訳か寂しさが残ってしまいまし た……やはりシリーズ終了及び文太兄ぃも今やあの世に、と言うのが影響しているの でしょうか……

Category:  アジア/日本/深作欣二  →仁義なき戦いシリーズ  →完結編 

架空世界の悪党図鑑ランク入り

2017/3/5(日)


トビー・フーパー&ダン・オバノン屍者の大英帝国

    場版『屍者の帝国』のクライマックスが凄まじいことになっており、ぼんやりと 思いだ屍たのがかつて鑑賞屍た『スペースバンパイア』。この作品を再鑑賞したくな り、それを決行〜w 【絶倫ライフフォース】  く〜っ、フーパー監督&オバノン監督など豪華スタッフ! エイリアンの宇宙船な どのセットや音楽が壮大! なのにマチルダ・メイ殿演じる美女エイリアンが素っ裸 で男達はそっちに釘付け(苦笑)と言うヘンテコなことになっているのもそうDeath が……  F69上田としては生命エネルギー吸収シーンが絶大なインパクト! 当時の特撮技 術による青白い光の帯が稲妻のように炸裂! 激しい効果音を伴って暴風が吹き荒れ る! これがやけにインパクトDieなうえ、クライマックス近くで美女に憑依された おっさんにキスしかけた(!)直後のそれは凄まじいエネルギー炸裂で屍たよ〜w 【屍者たちのロンドン】  んで、エネルギーを吸収されゾンビ化屍た市民が街にあふれかえり、青白いエネル ギー光が輝くクライマックス……これを観るとやっぱり『屍者の帝国』は原作のラス トも劇場版の超絶展開も今作の影響を? と疑いたくなって屍まいます〜

Category:  アメリカ/トビー・フーパー  →スペースバンパイア(2度目の感想)

仰天カルト・ムービー100ランク入り

2017/3/25(土)


トビー・フーパーVSジョン・マクノートン屍人劇場

【ダンス・オブ・ザ・デッド】  ナイトクラブ通いの女子がゾンビによるダンスを目撃するのが『ダンス・オブ・ザ ・デッド』。監督は悪魔のいけにえを手掛けたトビー・フーパー監督だけでない、原 作は地球最後の男のリチャード・マシスン先生! おまけにエルム街はフレディを演 じたロバート・イングランド殿がクラブの経営者として出演!  その豪華な三名が手掛けたゾンビものと聞いて蓋を開けたものの……そこで展開さ れていたのはゾンビ化した女を踊らせようとスタンガンでの暴力が展開され、ゾンビ の中に紛れていたある人物及びそれに関する事実が明かされてからオチに至るまでは もう気分がどよん……ゾンビ以上に家族絡みでのどす黒さが厭な気分です。 【ヘッケルの死霊】  ジョン・マクノートン監督が『ヘル・レイザー』の原作者であるクライヴ・バー カー先生の作品を映画化かつスタッフの名にロメロ監督の名を見て何かあるぞと期待 した一方、青年が愛する妻を蘇らせようと聞いた時点で「マズい、ペット・セマタ リーの再来だ」厭な予感が!  劇中ではネクロマンサーの手で死んだ犬が復活してその香りが更に強く漂い、しか ももう死んでるから殺せんと言う厄介な要素まであって更に凄惨……と思いきや突然 のゾンビとのえろんシーンに唖然〜。最後のオチは「お前も『家族』だ!」な感炸裂 で全然ペット・セマタリーどころか期待とちゃうぞ(苦笑

Category:  オムニバス  →マスターズ・オブ・ホラー  →第1シリーズ 

2017/3/17(金)


ミック・ギャリスVSウィリアム・マローン超能劇場

【チョコレート】  キング先生の映画化でお馴染み、ミック・ギャリス監督が送りだしたこの映画は、 ある男が夢の中でチョコレートの香りを嗅いだことがきっかけに、見知らぬ女の感覚 を共有し、彼女に恋し……おおっ、『君の名は。』を先取りしているじゃありません か〜!  しかしこちらはえろん+エグい殺人シーン込みなうえ、恋の結末が厭なことになっ てますがな…… 【閉ざされた場所】  バイオ7をやったおかげか? 誘拐された娘さんが閉じ込められたのは大きな屋敷、 狂気の夫婦、家族愛が絡んだ惨劇と言う要素がミステリアスさを醸し出していいDea th〜。でも途中で現れるモンスターの動きがストップモーションにしか見えなかった か? 作り物感が出ていてちょい脱力(ぁ  ちなみにこちらでも死者蘇生を取り扱っており、「おお、ここでもペット・セマタ リーか! でもやはり結末は悲惨」と思いきや確かに悲惨だったもののまさかのグッ ドエンドを迎えて驚きで屍たw

Category:  オムニバス  →マスターズ・オブ・ホラー  →第1シリーズ 

2017/3/17(金)


ジョン・カーペンターVSスチュアート・ゴードン血肉劇場

【世界の終り】  カーペンター監督でこのタイトルと聞けばポストアポカリプス!? と思いきや観 客が発狂して死亡したと言ういわく付きの発禁映画を巡る物語だったのが『世界の終 り』。  映画愛が深すぎるあまり(文字通り)殺してでも映画を撮ると言うくだり、監禁さ れていた謎の白い男、一瞬映る穴――パンチマーク、そして問題の映画に映っていた もの……映画を巡るおぞましさDie炸裂が良く、特に終盤でのパンチマークを用いた 演出は衝撃〜 【魔女の棲む館】  舞台となる館がいかにもバイオ7な香り漂ってくるのもいいですが、タイトルを見 た途端「これは、黒マントの悪魔女が!?」と言う期待感が! 原案がラヴクラフト 先生なのもポイントDie(お馴染みあの本も出ます)〜  そしてその悪魔女がイメージ通り登場!! サービスシーンもあってまぁいやら、 と思いきやその顔が変貌したのに衝撃!  悪魔女との対決では危うく誘惑を振り切り、無事にグッドエンド……と思いきや後 味悪い結末に唖然……

Category:  オムニバス  →マスターズ・オブ・ホラー  →第1シリーズ 

2017/3/25(土)


ラリー・コーエンVSドン・コスカレリ魔道劇場

【ハンティング】  ヒッチハイカーの正体は殺人鬼、偶然通りかかったヒロインを着け狙う! なこの 作品、ヒッチハイカーだけでなく保安官までもが殺人鬼でラストはその2名が女をめ ぐって激突、と言う展開が斬新〜。そしてオチも油断ならんこと〜 【ムーンフェイス】  こちらも殺人鬼が通りすがりのヒロインを着け狙いますが、こちらは殺人鬼が異形 なだけでなく、ヒロインの方は何と夫からサバイバル技術を教わり、それで抵抗する と言うのが面白いDeath〜。このバトルパートをもうちょい増量し(手遅れ

Category:  オムニバス  →マスターズ・オブ・ホラー  →第1シリーズ 

2017/3/25(土)


ジョン・ランディスVSジョー・ダンテ転身劇場

【ディア・ウーマン】  トラックの中から鹿に蹴り殺されたらしい変死体が発見! 事件に関わった刑事が その謎を追っていくのDeathが……  不覚にも笑ってしまったのがこの映画〜。刑事が犯人と鹿の因果について三度想像 を膨らませるも、二度目のイメージで小鹿を見て恐怖の叫びをあげるシーンに笑。小 鹿ぐらいでそれは大げさなw あっ、三度目も頭が鹿の男が女を連れ去ると言うのが シュール〜、かと思えば、あるものが折られたと言うくだりにはゾッ(おいおい 【ゾンビの帰郷】  戦死した兵がゾンビ化! 屍か屍目的は捕食でなく、戦争を巻き起こ屍た大統領の 再選阻止投票と言うのがユニーク、反戦を訴えているのがいいデス〜。  生者よりも死者の方が大切なことに気付くと言うのも皮肉たっぷりなのに、当の生 者(大統領陣営)は自信に不利とみなした票を無視すると言うくだりもまた皮肉かつ 厭な感じです。特に昨年は米で大統領選が、英でEU離脱をめぐる国民投票があっただ けにこのくだりには尚更ため息が出てきます……

Category:  オムニバス  →マスターズ・オブ・ホラー  →第1シリーズ 

爆食! ゾンビ映画100ランク入り

2017/3/25(土)


三池崇史邪悪なる遊郭

【インプリント〜ぼっけえ、きょうてえ〜】  マスターズ・オブ・ホラー第1シリーズのラストを飾る今作はこれまで観た中で異 様な存在感かつ最大クラスのおぞま屍さ!  明治の日本が舞台と言う点もさながら、舞台となる遊郭で働かされる女郎達の髪が 暗い赤に染められていたり、逆に物語の鍵を握る歪んだ顔の女は同じく暗い青だった り、外国製な勘違いジャパンじゃなくてちゃんと屍た日本なのに台詞はほぼ英語…… 日本なのに異世界に迷い込んだ感じDeath〜。  屍か屍展開される物語は想像を絶する凄惨かつ陰湿! 主人公たるアメリカから来 た男が探し求める女郎が無実の罪を着せられ、拷問にかけられる展開は燃えた状態の 線香や針が(以下、各自判断でお確かめ下さい)……そ屍て青髪の女郎に隠された 謎! 封印された禁忌を観た感じになりF69上田はどんより……

Category:  オムニバス  →マスターズ・オブ・ホラー  →第1シリーズ 

2017/3/25(土)


モンテ・ヘルマン爆走? 劇場

    ンテ・ヘルマン監督が長らく長編映画から離れた原因と言われている『断絶』。 アメリカを舞台に男達が車道をコースにしたレースに挑むのデスが……  とことん道路を走りまくる姿が延々と映され続けるので今回の鑑賞では理解出来 ず〜。覚えているのがED突入直前のエフェクト、及び中途半端に途切れて原語に変わ る吹き替えしか(苦笑

仰天カルト・ムービー100ランク入り

2017/3/24(金)


これまでのログ】【更新履歴】【全画面表示】【最初へ戻る