- 『F69 WRITERS』上田意思人の小説/シナリオをついった・最新の感想

これまでのログ】【更新履歴】【全画面表示】【最初へ戻る

ここ最近新たに読んだ作品
任務の終わり (エンド・オブ・ウォッチ)

スティーブン・キング先生が送るビル・ホッジズ三部作最後の物語! 蘇るメルセデス・キラー、ビルを襲う思わぬ罠、そして―― まさか××モン史で有名な厄ネタに言及(苦笑



20日(日)
ブギーポップ アニメ版『ブギーポップは笑わない(2019)』 第4話

VS WorldEnemy

【時空も出版社もシリーズも超えた世界の敵】  ブギーさんのアニメ第4話はもうVSイマジネーター篇に突入〜(やっぱり早い、早 過ぎるような?)。  今回の世界の敵、イマジネーター――水乃星透子は冒頭でいきなり飛び降り自殺! なのに彼女の意思はその後も残留、彼女を見てしまった仁やその関係者を狂わせてい きます。  透子の存在感がパネぇ〜。今回の仁の件だけじゃない、自殺直前にも何人かを狂わ せていたり、超未来の仮想世界(!)に登場、虚空牙の侵略を阻止する鍵を握ってた り……これらの例のように、死後も数多くの人々に絶大な影響を与えていったのが凄 まじいデス〜。  VSイマジネーターがPart2でおしまいかと思えば時空も出版社もシリーズも超えてP art5まで続いているなんて、虚空牙同様当時は想定(略 【始まりの終わりは果たしていつのことやら】  そんなイマジネーターが絡むらしいのが、ブギーさん原作の最終回と言われる『ス トレンジ』。果たしてPart6どころかストレンジが出るのは(それを言うなら故マン ティコア担当のタルカスや蠍のフーガなどかつくらなどで言及されたきり、未だ出て ない作品も……)はいつのことやら!? 【アレ、オルガ?(激違】  今回仁を演じたのは細谷殿!  F69上田にとって細谷殿=オルフェンズはオルガのイメージが強いだけに、細谷殿 が仁――イケメン寄り青年なビジュアル――に選ばれたのは意外だと思いました(何

Category:  ブギーポップ  →アニメ版『ブギーポップは笑わない』(2019)第4話 

2019/1/12(土)


これまでのログ】【更新履歴】【全画面表示】【最初へ戻る